龍神覚醒瞑想とヘミシンクを楽しむ会

独自に開発録音した龍神覚醒瞑想と市販のヘミシンクCDを楽しみながら、5次元への波動上昇とさまざまな集合意識体とのコンタクトを楽しむ会員制のお楽しみ会です。
                              (入会審査有)
 
使用録音
・ヘミシンク・ミュージックに奥山医院独自の誘導瞑想を加えた龍神覚醒瞑想の録音版
・ヘミシンクの市販録音版(日本語誘導付き)
 
対象
・5次元に目覚めたい方  
・龍神覚醒したい方  
・体外離脱したい方
・宇宙意識や地球意識と繋がりたい方     
・魂の伴侶と出会いたい方
 
奥山医院のスピリチュアル・ポリシー
・宇宙は愛で満ちあふれています。人間の根源も愛です。
・5次元世界には病はありません。善悪もありません。戦いもありません。
・5次元世界は魂の伴侶と二人三脚です。慈愛と感謝を高めあう伴侶と必ず出会います。

・龍神はあなたの使徒です。あなたが龍神の王です。

入会条件
・奥山医院で定期的に龍神覚醒術・華佗診を受けられている方とその紹介者
・奥山医院で過去3年内に「光の前世療法」の個人ワークを受けられた方
・奥山医院の「にんじんの会」(ジュース断食と覚醒を楽しむ会)に参加された方
・院長の直接面談で入会許可された方
 
・完全予約制&事前振込制です。
  ・3日前までにお振込を完了してください。
  ・お振込後のキャンセル返金は致しません。

 
・平日・土日祝日で奥山医院がオープンしている日の朝8時~午後4時(終了時間)まで
 お好きな時間帯に何時間でもご利用いただけます。

・ご自分のヘッドホンとタオルケット等は必ずご持参ください。
 

   入会金:1万円   年会費:1万円   1日利用料金:1万円

 
・ヘミシンクCD、奥山医院オリジナル誘導テープの持出・貸出は一切お断りします。
・音源コピーは如何なる場合でも厳禁です。

 
・龍神覚醒瞑想やヘミシンクを楽しまれた当日は変性意識状態が残りますので、車の運転 は禁止です。電車等でお越し下さい。
 

 


ヘミシンクについて (アクアビジョンHPより転載)
一般的な注意事項
1)車の運転中や、重機の操作中、歩行中、ジョギング中、あるいはスポーツをしながら聴かないでください。注意が散漫になり、事故につながることがあります。
2)脳波に影響する装置との併用は避けてください。
3)ヘミシンク製品はほとんどの場合、健康に有益ですが、医療や治療の代替になるものではありません。
気分が悪くなったり、頭痛、めまい、吐き気がするなど、身体的、精神的に不快感を覚えたら、直ちにご使用を中止してください。
4)ヘミシンクは、長期にわたる実績により安全性と有効性が証明されていますが、聴覚障害、精神障害などの傾向がある方は、ご使用になる前に医師にご相談ください。


誘導瞑想CDを聴く場合
飲食など

  • 食後1時間ほど経ってからCDを聴くのがよいでしょう。
  • アルコール、薬品、または多量のカフェインなどは避けてください。
  • 水分はなるべくとりましょう。エネルギーの循環を促進するのに役立ちます。

服装など

  • リラックスできる、体を締め付けない、ゆったりとした服にします。
  • 時計やめがね、コンタクト・レンズは外します。携帯電話は鳴らないようにし、体から離します。

姿勢

  • できるだけ楽な姿勢をとります。基本的には、ベッドやふとんに仰向けに横になります。
  • ゆったりとした椅子やソファに座っても結構です。慣れている方は、座禅や瞑想のポーズでもかまいません。

環境

  • 静かにくつろげる室内で、暗くして聴いてください。アイマスクをしたり、タオルで目を覆ってもかまいません。
  • 外からの騒音はできるだけ入らないようにします。
  • 聴いている途中で、熱くなったり寒くなったりすることがありますので、毛布を用意しておくなど、準備しておきます。
  • 集中するために、トイレを済ませてから聴き始めましょう。

聴き終わったら

  • 聴き終わった後、あるいは聴いている途中で中断する場合には、意識が朦朧としていることがありますので、体をストレッチするなどして、意識をはっきりさせてから、動き出すようにしましょう
  • 誘導瞑想CDを聴いている間に起こった体験は、なるべく記録しておくことをお勧めします。記録しないと、すぐに忘れてしまいがちです。どんな些細なことでも、メモ書きや単語だけでもいいので、記録しておきましょう。その時は意味が分からなくても、後になってわかることがあります。

ゲートウェイ・エクスペリエンス

ゲートウェイ・エクスペリエンス(Gateway Experienceは、聴く人の意識を拡大した状態に導き、意識世界を探求し、それを自由にコントロールするための、家庭学習用プログラムです。1980年代の初期に最初のバージョンが開発されて以来、長年にわたって改良されてきました。日本語版が発売されたのは2005年です。
このCDシリーズは、モンロー研究所のゲートウェイ・ヴォエッジという一週間の滞在型プログラムから生まれました。ゲートウェイ・ヴォエッジは、数あるモンロー研プログラムの中で、最初に受講する入門コースです。ヘミシンクを基礎から学びつつ、フォーカス10からフォーカス21までを探索し体験します。
ゲートウェイ・エクスペリエンスのCDには複数のヘミシンク周波数が特別にブレンドされ、音声ガイダンスとかすかな音響効果の組み合わせによって、左右両脳を同調させ、集中した意識の状態へと導いていきます。それによって、知覚が拡大し、問題解決の方法や創造力の強化、ガイド(ハイヤーセルフ)とのメッセージ交信などが可能になります。
ゲートウェイ・エクスペリエンスの、ディスカバリー(発見)から始まるシリーズは、Waves of Change(一連の変化の波)と呼ばれる、Wave IからWave VIまで6つのアルバムから構成されています。IからVIまでを通して学習すれば、フォーカス21までを体系的に学び、体験することができるようになっています。
各アルバムはそれぞれCD3枚で構成され、全部でCD18枚になります。すべて日本語版で提供されています。1枚のCDには2トラック入っていますので、36のエクササイズが収録されていることになります。
エクササイズは一つ前で学んだ道具や技術をもとに順に進んでいきますので、Waveの番号順にお使いください。ひと通り学んだあとは、ご自身の目的や興味のある分野のCDを選んで、探求を深めていきましょう。
 

「Wave I」では、フォーカス10という状態を体験します。CD3枚に6つのエクササイズが収められています。覚醒状態から徐々に深いリラクゼーションへ、さらに今までに体験したことのない意識の拡大した状態へと導かれます。ご自宅でヘミシンクを学習する場合、まずはここからスタートしてください。

「Wave II」では、フォーカス10の「メンタル・ツール」をさらに学習し、フォーカス12という「知覚の拡大した状態」を体験します。スレッショルドから新しい認識チャネルが生まれ、自分の知覚の拡張と統合がなされます。同時に、創造的な洞察力を開発することで、恐怖心のバリアを打破することができます。

「Wave III」では、何種類かの体外離脱方法を試します。そのための準備をいくつかのエクササイズで行います。またEBT(エナジー・バー・ツール)を使用して、リモート・ビューイングの3つの実験を行います。自分が誰なのか、どこから来たのかなどの5つの質問をするエクササイズ、エネルギーを回復する方法を学習するエクササイズもあります。

「Wave IV」では、新しい経験、新しいアイディア、新しい能力、そして新しい探検に自分のエネルギーを向け、コントロールする方法を学習します。具体的には、1年後の自分の希望する姿を思い描くエクササイズ、5つのメッセージをもらうエクササイズ、フォーカス12で自由行動のエクササイズ、非言語による交信を練習するエクササイズなどです。ガイドとの交信ポイントを作るエクササイズもあります。

「Wave V」の前半は、フォーカス12のエクササイズです。フォーカス12を復習し、次いで「直感力」を高めます。直感の源とのつながりを強化するとともに、それを妨げるような考え方や障害となる固定観念を見つけ、解放していきます。後半のエクササイズでは、新しい領域を経験します。フォーカス15の「時間のない状態」です。単に「存在する状態」とも言われます。また、「創造と具現化」の状態でもあります。

「Wave VI」の最初の3つは、フォーカス12で「第2の体」と言われるエネルギー状態を拡張し、新しいステップに進むための準備を行います。次に、ガイドの交流を深めるためのエクササイズを行い、最後の二つで、フォーカス21という新しい世界への「架け橋の領域」を体験します。

【エクササイズ】

Wave I ディスカバリー(発見)

 Session 1/オリエンテーション ~ 初めてヘミシンクを体験する ~(F3)
 Session 2/フォーカス10序章 ~ 肉体は眠り意識は目覚めている状態 ~(F10)
 Session 3/フォーカス10アドバンスド ~ 準備のプロセスの完成 ~(F10)
 Session 4/リリースとリチャージ ~ 感情のコントロールと恐れからの自由 ~(F10)
 Session 5/探求と睡眠 ~ 眠りに至るプロセスを通して学ぶ ~(F10)
 Session 6/フリーフロー10 ~ フォーカス10の自由探索 ~(F10)
 

Wave II スレッショルド(境界点)

 Session 1/フォーカス12 への招待 ~ 知覚が拡大した状態 ~(F12)
 Session 2/問題解決 ~ コンタクトの始まり ~(F12)
 Session 3/1 ヶ月パターニング ~ 思考を現実化させる方法 ~(F12)
 Session 4/色呼吸 ~色のエネルギーで癒す ~(F10)
 Session 5/エネルギー・バー・ツール ~ 生命エネルギーを使いこなす ~(F10)
 Session 6/生体マップ ~ メンタルツールでヒーリング ~(F10)
 

Wave III フリーダム(自由)

 Session 1/浮揚 ~リーボールで浮かび上がる ~(F10)
 Session 2/リモート・ビューイング ~ 遠隔透視トレーニング~(F10)
 Session 3/ベクトル ~ 非物質界での方向感覚 ~(F12)
 Session 4/5つの問い ~ 根源的な問いを投げかける ~(F12)
 Session 5/エナジー・フード ~ 生命エネルギーを回復する ~(F12)
 Session 6/初めての体外離脱 ~ 肉体から離脱する5つの方法 ~(F12)
 

Wave IV アドベンチャー(冒険)

 Session 1/向こう一年間のパターン化 ~ 思考を現実化させる方法 ~(F12)
 Session 2/5つのメッセージ ~ ガイドからのメッセージを受け取る ~(F12)
 Session 3/フリー・フロー(自由遊泳)12 ~ フォーカス12の自由探索 ~(F12)
 Session 4/非言語交信(NVC)I ~ 非物質世界のコミュニケーションを学(F10/12)
   Session 5/非言語交信(NVC)II ~ NVCの語彙を増やし、能力を高める ~(F10/12)
 Session 6/交信ポイント ~ガイドたちと交流する場所を創る ~(F12)
 

Wave V エクスプロアリング(探索)

 Session 1/フォーカス12上級 ~ フォーカス12のさらなる自由探索 ~(F12)
 Session 2/直感の発見 ~ 直感の経験と感覚を蘇らせる ~(F12)
 Session 3/直感の探究 ~ 直感の源につながる ~(F12)
 Session 4/フォーカス15への入門 ~ 時間のない状態 ~(F12/15)
 Session 5/ミッション15、創造と具現化 ~ 創造の源につながる ~(F15)
 Session 6/フォーカス15の探究 ~ フォーカス15の自由探索 ~(F15)
 

Wave VI オデッセイ(旅)

 Session 1/ローカル1を知覚する ~ 第2の体に慣れる ~(F12)
 Session 2/ローカル1で広がる ~ 第2の体に馴染む ~(F12)
 Session 3/離脱点 ~ 第2の体で動く ~(F12)
 Session 4/非物質の友人 ~ ガイドとの交流 ~(F12)
 Session 5/ローカル2への移動/Focus 21入門 ~ 架け橋の領域へと進む ~(F21)
 Session 6/フリーフローの旅:Focus 21 ~ フォーカス21の自由探索 ~(F21)

ロバート・モンローからのコメント
ゲートウェイ・エクスペリエンスは、私たちに何をもたらしてくれるのでしょうか。それは、あなたの関わり方次第です。このエクササイズは、一連の道具を提供しているにすぎません。それをどのように使うか、それを使って何をするかは、あなた次第なのです。初めて自分自身を発見し、それまでよりも充実した前向きな人生を送り始めた人もいます。また、この人生において唯一無二の体験であるかのような、意識の深遠なレベルまで到達した人もいます。そして、真理の探究者となり、その後の生活においても、一層の探索を続けている人たちもいます。
基本はただひとつ、「ゲートウェイ・アファメーション*」を、少なくとも可能性を秘めたものとして真剣に受け止めることです。つまり、私たちは肉体を超える存在であり、時間と空間に制限されないエネルギー系に存在していること、そして肉体を超える知的存在とのコミュニケーションが可能であるということです。その状態を何と呼ぶかは、私たち自身が決めることです。
*) ゲートウェイ・アファメーション:「私は肉体を超える存在です・・・」で始まる、Waveシリーズ各エクササイズの最初に唱える宣言文。

 

体外離脱テクニック

体外離脱(OBE=Out-of-Body Experience)のエキスパートであるウィリアム・ブールマン(William Buhlman) から、体外離脱のテクニックを学びましょう。ブールマンは40年以上の経験に基づいて、OBE誘導のための最善の方法は人によって異なることを見だしました。
6枚のCDは、体外離脱の状態に至るための6通りの異なるアプローチを提供します。
いずれのテクニックにもヘミシンクの周波数が使われ、アプローチを支援しています。
  1) ボディ・オブ・ライト
  2) バルーン
  3) カウント・ダウン・グローブ
  4) ターゲット・テクニック
  5) ザ・ボルテックス
  6) シャーマニック・メソッド   各CDは約45分間。 
 

インナーステーツ 気づきの目覚め

このシリーズは、あなたが、より良い人生を歩むために自己認識を深めていこうとするときの、道案内になるように作られています。エクササイズを通して、自分の内にある力を活性化する手法、内なる安らぎを獲得する手法、不安な要素がある時でもバランスを保つ手法、制限的な思考パターンを越える手法を探求していきます。そして、人生のための知識と導きの大きな源に触れ、個人的な変化と成長を引き起こすツールを発見し、自分自身の人生の目的にかなった生き方をし、直感を研ぎ澄まし、自らの体にさらなる光をもたらし、人生への信頼と愛情にみちたアプローチを受け入れるすべを学びます。
この4枚組CDには、以下の6つの、音声ガイダンス付きのエクササイズが収められています。
「静寂をとおしての覚醒」「釣り合い」「無限の自我」「人生の旅路」「高次の導きにつながる」「輝き」


こころと身体の若返り

心と体のつながりを強化しつつ、時間を超えた状態へと導かれていきます。
年齢とは「心の持ち様」であると言われています。Positively Ageless  年齢に対する私たちの思い込みを変えることで、私たちの肉体と精神に影響する新しいパターンを作ることができます。このCDは、ガイダンスによる瞑想、アファメーション、創造的な視覚化など、さまざまなツールを使って老化のプログラムを書き換え、ご自分をより若々しく、健康で、力強く、そしてより平穏な状態に保ちながら、人生全体のクオリティを高めていきます。


ゴーイング・ホーム

ゴーイング・ホーム(Going Home)は、モンロー研究所とエリザベス・キュープラ・ロス博士、チャールズ・タート博士が共同製作した、ターミナル・ケア(終末期医療)のためのCDアルバムです。
人は肉体を超える存在であり、死を超えて生き続ける存在であるという叡智を、終末期の患者が自らの体験を通して確信できるようになることを目的に制作されました。そうすることで、肉体の死に対する恐怖が大幅に緩和されるとともに、今を充実して生きることができるようになります。
このCDアルバムでは、ゲートウェイ・エクスペリエンスでは適用されていない、フォーカス23から27までの死後世界を探索し、さらに、自分でフォーカス27へ行くことができるように導かれます。(日本語版、CD 7枚) 


オープニング・サ・ハート

オープニング・ザ・ハート(Opening the Heart)は、ハートチャクラを開き、愛情体験をより豊かなものにするためのCDセットです。
愛のエネルギーへと心を開くためにモンロー研究所で開催されるハートラインと呼ばれる6日間のプログラムを基にして作られています。(日本語版、CD 4枚)

 

創造性開発

The Creative Way with Hemi-Sync
創造的精神を働かせると、私たちには普段以上の力と知恵がみなぎり、それにより人生と世界は、気品と深みのある、豊かで楽しみに満ちたものになります。自らの創造性を探求し表現することは、自己認識を高め、心と精神と肉体の発展を促す最も有効なプロセスのひとつです。このシリーズは、より創造的で豊かな人生を送りたいと望む、あなた自身の一部を再び目覚めさせるためのものです。エクササイズにより、あなたは新たな可能性やアイデアに対してオープンになり、内なる創造主(インナー・クリエイター)をはじめとしたインスピレーションの源とのつながりを得ていきます。(日本語版、CD 4枚)

 

ザ・シャーマンズ・ハート・プログラム

このプログラムは、シャーマンニズムの実践者やシャーマンになるための訓練、あるいはその教えなどではありません。これは、本物の自己啓発に真剣に興味を寄せる人々や、シャーマン的、トランスパーソナル的な観点から、ハート(心臓・心)のもつ可能性を探り発展させていきたいという人々のためのものです。
このプログラムは、バイロン・メトカーフ博士の20年以上に渡る研究と臨床実験、霊性およびトランスパーソナルの開発、シャーマン的・心身一体型ヒーリングなどの成果として完成しました。プログラムの目標は、あなたの真の力と、目的、存在の発展を支えることです。そして、魂にもとづき、ハートを中心として生きる能力の発展を支え、ひいては人類全体の癒しと成熟に貢献することを目指しています。メトカーフ博士はこのプロセスを「ホロ・シャーマニック」、つまり「全体・完全性を、見て認識し、経験すること」と定義づけています。(日本語版、CD 4枚)

 

体外への旅

体外離脱体験(OBE=Out of Body Experience)とは、意識が肉体の外に出て、肉体的な五感を使わずに認識できる状態になる現象のことです。
ロバート・モンローはその著書「体外への旅」で体外離脱に至るための4つの段階を述べています。このヘミシンク・シリーズは、それらを順に自宅学習するためのものです(状態A~D)。練習によって、深いリラックスから半覚醒の状態に達し、そこから完全に意識が目覚めた体外離脱状態の経験を目指します。
このCDには、ロバート・モンローが自らの体外離脱体験について語った言葉も収録されています(日本語の吹き替え)。(日本語版、CD 6枚)

 

マジカル・アセンション 

魔法と別世界のような幻想の国へと誘う、音楽の旅。
継ぎ目なく整った楽曲によって時代の神秘を浮かび上がらせることで、デボラ・マーティン(Deborah Martin)は、聖なる新しい領域にリスナーを誘う、神秘的で力強い音楽の旅を創り出します。
共演者のアリフ・ヴェルナー(J. Arif Verner)は、アンビエントなエレクトロ・アコースティック・レコーディングと、織り合わされたパーカッシブなリズムとテクスチュアを組み合わせた、この魅惑的なオーディオ・アドベンチャーの中のいくつかのトラックでコラボレートしています。
五感と霊感の可能性が高められた知覚へと上昇させましょう。
そして、イマジネーションや別世界のような幻想という、この瞑想的な魔法を探求してください。ヘミシンクが組み込まれることで、この素敵なコレクションの魅惑的で神秘的なクオリティが強化されています。(57分) 

 

ランド・オブ・スピリット  精霊の地

この洗練されたエレクトロニック・スペース・ミュージックは、深いメディテーションや探索に最適です。音楽アーティストの、クレイグ・パディラ、リチャード・ロバーツ、スキップ・マーフィーが作り出す音のランドスケープ(風景)は、ヘミシンク周波数とあいまって、あなたを拡張した意識と安らぎの空間に連れて行ってくれます。(64分)

 

セレスチャル・メディテーション   天界の瞑想 

ジョン・セリーのディープ・スペース(深宇宙)ミュージックとヘミシンクで、深い瞑想状態を体験しましょう。
完全なリラクゼーションへと移りながら、別世界へと導かれていきます。ジョン・セリーは、電子音楽クリエーターの巨匠です。彼の作品は、銀河の光景と無限の空間を暗示させるとともに、異なる現実を探索するための完璧なオーディオ環境を提供してくれます。パワフルなヘミシンクと組み合わさったジョンのディープ・スペース(深宇宙)ミュージックは、あなたを深遠で忘れがたい瞑想状態へと導いてくれることでしょう。(62分)

 

コスミック・コンシャスネス  宇宙意識 

肉体の緊張や、心にのしかかる重圧から解き放たれ、宇宙に漂っているところを想像してみましょう。未知なるものに身をゆだね、無限のエネルギー・フィールドに入り込むのです。
そこには、不可能なことは何もありません。
バリー・ゴールドスタイン(Barry Goldstein)の作り出したこの美しいメロディは、ヘミシンクの周波数と合わさって、あなたを落ち着かせ、調和へと導き、より高次の意識へと誘っていきます。
使用楽器:エセアリアル・テクスチャー、ハーモニック・トーン、キーボード、シンセサイザーなど。(60分) 


クロッシング・ジ・アビス   深淵への渡渉

 ジェイ・アリフ・ヴァーナー(J. Arif Verner)の、電子環境音楽とアコースティック環境音楽がパワフルに混じり合って、深い探索のための広大で開放的な風景を呼び起こします。
さらにヘミシンクの周波数が、あなたの意識を “個” の状態から超越した状態、あるいは啓発された状態へと変容するのをサポートします。(53分)


アウェイクニング・コンシャスネス  覚醒する意識 

想像力をかきたてる音楽瞑想で、意識を覚醒させましょう。
スポテッド・ペッカリー・ミュージック(Spotted Peccary Music)の熟達したアーティストであるハワード・ギブンス(Howard Givens)とクレイグ・パディーヤ(Craig Padilla)による、この想像力豊かな音楽瞑想によって、あなたは意識の発現を経験することでしょう。
年代物の高価な組み立て式シンセサイザーから、最新のデジタル・キーボードまで幅広い電子楽器を駆使した、この深い環境音楽作品は、内面への意識の広がりをもたらします。パワフルなヘミシンク周波数と組み合わせることで、あなたは知覚が大いに高められた状態へと誘われます。(68分)

 

ストランド  撚り糸

 リラックスして、音の撚り糸に耳をすませ、美しいタペストリーが織り上がるのをお聞き下さい。Zero Ohms(リチャード・ロバーツ)とthunderjack(トレイシー・チャップル)が協力し、アンビエントで内省的なメロディーで、魔法のような作品を作り上げました。ヘミシンクは、あなたを深いリラクゼーションへと導き、パワフルなメディテーションを体験させてくれます。
Zero  Ohmsの演奏楽器:フルート、バスフルート、ネパールの笛、バーンスリー、バンブー・ブルー・バーンスリー、バス・バンブー・フルート、アナサジ(アメリカ先住民族)のフルート。(56分)


ミスティック・レルムス  神秘の王国

 ヘミシンクとブラッド・アレンの魅惑的な環境音楽が、あなたを超絶的な静寂の中に誘います。
ミスティック・レルムの微細で霊妙なサウンドは、あなたに内なる導きと高次からの視点をもたらします。(43分) 


ポータル・トゥ・イターニティ  永遠への入口

 ミカー・サディー博士の瞑想音楽とヘミシンク音で、こちらの世界と向こうの世界との間のバリアを溶かしてみてください。幻想的な音楽と空想的な連想が続く時、あなたはこの魅惑的な作品の虜となっていることでしょう。この曲は、あなたの想像力をかきたて、日常生活からのさわやかな“離脱”を与えてくれます。(42分)

 

ブレス・オブ・クリエーション   創造の息吹

 現代のワカが奏でる古代の音色とヘミシンクで、時代を超えた感覚と感情を呼び覚ましましょう。「ワカ(Huaca)」とは南米の言葉で神聖なものを意味しています。この土器の楽器から流れ出る聖なる息吹の音色が、さらに神聖さをかきたてます。長い間、笛はあらゆる文明で儀式やヒーリングに使われてきました。こうした伝統の中からワカは、管楽器で初めて3音を調和させる広い空間を持った斬新な楽器へと進化しました。アラン・タワーの忘れがたく美しいワカの曲には、時代を超えた、オーガニックで原初の音質があります。ワカによる独奏。(62分) 


サイクルズ  輪廻

 この美しく精妙な音楽は、聴く人を内面深くへと導き、存在の根源そのものへと思いを巡らせます。クレイグ・パディラによる「サイクルズ」(当初は「創世記」というタイトル)は、生命と宇宙の輪廻についての気づきにインスピレーションを得て作曲されました。電子音楽とアナログ楽器に、ヘミシンク音が絶妙に組み合わされています。高次元へと昇り、静かに座り、そして内面からのメッセージに耳を傾けましょう。(51分)


ザ・ドリームング・ゲート   夢の扉 

 インラケチの魅惑的なディジュリドゥ(アボリジニの楽器)とヘミシンクで、シャーマニックな「夢の時間」に入っていきりましょう。世界中の部族文化と儀式音楽から着想を得て、ロブ・トーマスとタニア・ジェラードが奏でる、精神性を呼び起こすディジェリドゥをお楽しみください。彼らの堂々たるシャーマン・スタイルが、ドリーミング・ゲートの音の入り口を神秘に綾なす「夢の時間」へとお連れします。日常から一歩外へ、神秘の世界へ。ようこそ夢の世界へ。
ディジェリドゥ、チベットホーン、 ガムランの鐘、チェロ、タブラドラム、タンブーラ、ボーカル(トラック1、9)、先住民族の聖歌と細やかなサウンドスケープによる演奏。(睡眠用 59分) 


コンバーションス   収束

 古代の叡智とヘミシンクが融合し、悠久のときを紡ぎだします。豊かで調和のとれたメロディは、数々の文明の精霊たちを呼び醒まします。この多次元的領域を開いたなら、本来人々に備わっている、心と魂の珠玉のエッセンスの扉が開かれるでしょう。心の奥深くへの超越的な旅、深い瞑想と意識の拡大を体験してください。(55分)

 

イターニティ・ウイズイン   内面の永遠性

 永遠の存在――あなたのハイアーセルフと出会いましょう。この世のものとは思えない、この神秘的な音楽は、ロバート・モンロー三部作の最後の本「究極の旅」につづられているモンロー氏自身の体験がベースとなっています。彼のハイアーセルフ(I/There)との出会いや会話は、多くの人にとって啓示の手本となるでしょう。
作曲:フランク・ダンナ(45分)

 

ウィズダム・オブ・ザ・ハート   ハートからの智恵

 高い評価を得たAmbiologyシリーズをベースに、グラミー賞受賞者、バリー・ゴールドスタインがまとめ上げたこれらの作品は、ハートとマインドを一つにするのに何よりも効果的です。これらの曲は全て、リラックスした時の心臓の鼓動と、同じテンポで作曲されています。リスナーは、無理なく自然に、深いリラクゼーションへと導かれます。アンビエントな音質と心地良いメロディーは、ヘミシンクと見事にマッチし、心のバランスを保ち、身体や心、魂を養い、生命の素晴らしさを思い出すための穏やかな環境を作り出します。(59分)

 

ヴィジョン・クエスト   ビジョンの探究

 曲が始まると、あなたはセイクリッド・サークル(神聖なる輪)の中に入り、部族の長老たちに囲まれます。そして、ネイティブ・アメリカンの聖なる儀式、ヴィジョン・クエストの旅が始まります。霊的なドラムの音が魂の深みまで響き渡り、「すべてなるもの」の中へと溶け込むでしょう。「ユー・タオ・チー」はアメリカ先住民の神聖なドラム音と、易経の六芒星から出るリズミカルなヒーリング・パターンを統合した、ユニークなものです。ネイティブ・アメリカン教会の長老であるキーラン・デベニエロの叩くシャーマン的なドラムとヘミシンク音が見事に調和しています。エネルギー・バランスを回復し、健康を高めるにも適しています。(67分)


イターナル・ナウ     永遠の今 

 「大いなる全て」はこの瞬間に存在し、この瞬間が「存在する全て」である…。ドン・ペヨーテによる崇高なアンビエント・ミュージックとヘミシンクのコンビネーションが、あなたが今いる場所に、しっかりと存在できるだけのスペースを作り出します。時間の幻想から、意識を解き放ちましょう。そして、「存在」の中へと入り込み、過去の記憶や将来への不安を消していくのです。(55分)

 

レイディエンス   輝き

 アイオリアの高揚感溢れる曲想とヘミシンクで、霊妙なる魂への帰郷に浸りましょう。 アイオリアは、私たちの心と体と魂を育むヒーリング音楽などで世界的に高い評価を得ています。
瞑想のためのヘミシンク周波数と、アイオリア音楽のこの世のものとは思えないハーモニーが組み合わさって、あなたは意識の拡大した高次の状態に導かれていきます。
この神々しい曲は、スピリチュアルなコミュニケーションを可能にするでしょう。そして、心を動かし、深い感動を生み出すことでしょう。(61分) 


シーサイド・スランバー   海辺のまどろみ

 優しい波の音とピアノ・ソロがヘミシンクの音とともに、あなたを深い安らかな眠りへと誘います。岩場や浜辺へ打ち寄せる波の音は幸福感を高める効果があることが、複数の研究により示されています。スティーヴン・ハルパーンのヒーリング・ミュージックとヘミシンクのデルタ周波数が組み合わされ、深いリラクゼーションと静寂、安寧の世界へあなたを導きます。(74分)


ザ・ミュージック・オブ・グレイスフル・パッセージズ   優雅な航海

 ベストセラーとなったCDブック「Graceful Passages」に収められていたゲイリー・マルキンのこの曲は、あなたを、あなただけの静寂と瞑想の世界へと引き入れてくれます。この曲は、世界中のスピリチュアル・リーダーたち、ヒューマニタリアン・リーダーたちの語った偽りのない言葉にインスパイアされたものです。リーダーたちは皆、無条件の愛、慈悲、「根源との一体感」から語っています。そのため、この曲は聴く人の心を開き、今も残る一切の傷を癒してくれるのです。
何かを失ったり、何かが変わったりした時、私たちはとても傷つきやすくなります。あなたが人生における大きな変化を経験する時、このリスニング・メディテーションを体験して下さい。そうすることで、あなたは自分を見失わず、何が一番大切かを知り、あなたが決して孤独ではないことを思い出すことができるでしょう。ヘミシンクが深いリラクゼーションへとあなたを導き、人生の美しさについて、静かで深い認識をもたらしてくれます。(74分) 


タッチング・グレース   恩寵

 オリジナル版は「アンターカラナ」というタイトルでリリースされていました。「アンターカラナ」とはチベットや中国で何千年もの間ヒーリングや瞑想のシンボルとして使われていました。瞑想の際に視覚化 して、自身のハイアーセルフとのつながりを可能とします。タッチング・グレースも、音楽を通して音と神性とのつながりを促進することを目的としています。(53分)



ハイアー    高次

 人類は、自己覚醒の始めから、精神の根源をより深く究めるべく、自らと格闘してきました。あなたは、音楽とともに創造の源泉に再び触れることができるでしょう。深い瞑想状態を長時間楽しむことができます。さらに、意識の啓発的なレベルへと導かれます。意識を広げるためにお使いください。(48分)

 

チャクラ・ジャーニー   チャクラの旅 

 サンダービートの穏やかな、気持ちを落ち着かせるヒーリング・ミュージックとヘミシンク音が、あなたの知覚を拡大させ、チャクラを活性し、調整します。シャーマニズム・ミュージシャンであるサンダービートは、音楽家であると同時にシャーマンでもあります。この音楽は、ルート(基底部)からクラウン(頭頂)まで、各チャクラに焦点を当てて作曲されています。そして、最後のトラックでは、全体のバランスを調整し、しっかりグランディングできるようになっています。(59分)

 

クエスト・オブ・ザ・ミスティック   神秘の探究

 クロノトープ・プロジェクト(Chronotope Project)の奏でるアンビエントで夢のような情景と瞑想的な旋律が、神秘的な探索の場所へと運んでくれます。ヘミシンクの周波数は、意識の奥深くまで掘り下げていけるよう、あなたの自己変容の旅を力強く手助けします。(55分)


スパイラル・オブ・ライト   光の渦

 高次の周波数の地への旅は、らせん状に進みます。回転するたびに、上方へと移動していきます。しかし、時として私たちは、スタート地点に戻ったかのように感じることがあります。ミカ・サディ(Micah Sadigh)は、その感覚を、オーバーラップする10の楽章からなる穏やかな環境音楽で捉えました。それは、高次の光と愛の存在へと向かう魂の旅を表しています。和音が繰り返されながらも ―― ヘミシンクの周波数の変化とともに、微妙に変化しながら ―― あなたは全く異なる世界、高次元へと入っていきます。旅の終着点に着くと、光として知覚していたものが、実は愛であることに気づきます。それは私たちに降り注ぎ、さらに先へと導いてゆきます。(40分)

 

パス・トゥ・ピース   静けさへの道

 「パス・トゥ・ピース」の穏やかで、静かで瞑想的な音楽の物語が、内なる隠れ家のある田園風景のようなシーンを思い起こさせます。エレキギター、アコースティック・アンビエント・ギター、ピアノ、チェロ、アップライト・ベース、ドラム、音楽プログラミング、ヴォーカルを組み合わせた巧みな演奏で、ジョン・グレゴリオス(John Gregorius)の優しく美しい調べが、あなたを穏やかで静けさのある場所へと誘います。ヘミシンクの周波数は、あなたが流れに任せられるよう、リラックスのプロセスを手助けします。この美しい音楽の物語を聴いて、安らかな静けさへの道を見つけてください。(46分)

 

エンジェル・パラダイス   天使の楽園

 エリック・ベルグルントによるアイリッシュ・ハープの天使の音色が天と地を結ぶ架け橋を作り出します。その透明で心温まるサウンドは、神聖な癒しと魂の進化のための人類への贈り物として世界で賞賛されています。(59分)


タッチング・アース   地球と触れ合う

 内省的で、心を込めた瞑想によって、この地球での人生の経験を向上させましょう。
心を込めた瞑想に入り、私たちが故郷と呼ぶこの惑星のことを考え、たたえることで、地球とのつながりを深めましょう。Hemi-Sync®の手助けの下、パティ・レイ・アヴァロンの導きに従い、地球における人生のすばらしい経験を思い出し、感謝し、心と精神と魂のつながりをたたえます。そして、存在するすべてのものとの静かな交わりの場へと、いざなわれます。(34分)

 

内なる英知 

 未来学者ピーター・ラッセルによるガイダンス付きのヘミシンク・エクササイズにより、あなたの本質である「内なる英知」とつながります。将来起きる変革の大嵐を生き抜くには、スピリチュアルな再生をする必要があると、ラッセルは説いてきました。ラッセルによると、人類の次なるフロンティアは外的宇宙ではなく、人間の内的宇宙です。つまり人間の意識の探索と開発です。「内なる英知」と触れることで、自分自身の最深部とその導きにオープンになり、変革に対して効果的で創造的な対処ができるようになります。(25分)

 

ペイン・マネージメント   痛みのコントロール

 ペイン・マネジメントを聴くことで、痛みの信号を意識的に和らげ、それに煩わされないようになるでしょう。
どこにいても痛みを減らすことのできる、効果的で実績のある方法を学びましょう。ペイン・マネジメントは、バイタリティのあるダイナミックなエネルギーを回復させ、心と体の両方を、完全に機能させるのにたいへん役に立ちます。この驚くべきヘミシンクのエクササイズは、あなたの精神、感情、肉体のバランスを保ちます。そして、生命エネルギーを回復させるための深い眠りへと、穏やかに導いていきます。 (日本語ガイダンス、44分) 


ヘミシンク・メディテーション

 ヘミシンクを用いて高次の意識状態を見出し、探究してください。あなたを徐々に深いリラクゼーションと瞑想状態(Meditation)へと導きます。内面へと向かい、あなたの高次の側面につながりましょう。(音声ガイダンスなし、45分)


パートナーズ・メディテーション

 言葉によるガイダンス付きのHemi-Sync®エクササイズで、ご自分にとって大切な人間関係を向上させ、深めましょう。
人生において、重要で中心的な位置を占める人々は、あなたの先生やガイド、愛に満ちたサポートチームとなるためにここにいます。ジョー・ギャレンバーガー博士によるこのエクササイズ(英語版ではナレーションも博士が担当)は、あなたとあなたの相手がその関係性から経験できる喜びや感謝、豊かさを深めるためのものです。このエクササイズは一人で行っても、パートナーの方と行っても、高い効果が期待できます。(38分)

 

パティ・サマーズの動物たちと話そう   アニマル・コミュニケーション

 「動物たちと話そう」の著者パティ・サマーズが、動物との“同調”の方法について教えてくれます。
私たちは一つです。愛や死など人生について、動物の世界から多くのことを学ぶことができます。トラック1では、いくつかの分かりやすい物語とともに、異種間のテレパシーによるコミュニケーションについての説明がなされます。トラック2には、私たちに生まれつき備わっている、この惑星で共に生きる動物たちとコミュニケーションするための能力を開発するためのエクササイズが収められています。(日本語ガイダンス、42分)


ハートソング 

 あなたのハートソング(心臓の歌)の振動に同調して、あなた自身と人生の目的の大きな意味をより強く感じ取り、優雅に堂々と生き、愛を放射しましょう。
言葉によるガイダンス付きのエクササイズでバリー・ゴールドスタインは、ハート(心臓)のエネルギーに結び付く方法を伝授します。それにより肉体とエネルギー体の双方の力を補充しオーラを明晰にします。(63分)


ザ・SOコード

 究極の瞑想ツール。SOコードとは、「空(くう)=Void」より生じる天地創造の創り出す、数限りない和音の解釈の一つです。ヘミシンクとバリー・オザールのSOコードの融合が、瞑想体験をサポートするための理想の音響的バックグラウンドを作ります。SOコードのパワフルなバイブレーション・ハーモニーに耳を澄ますと、さまざまな音が聞こえてくるかもしれません(録音されていない音楽が聞こえることもよくあります)。この究極の瞑想ツールを使って、心と体を調和させ、バランスを取り戻しましょう。最高の効果が得られるよう、できれば瞑想に適した暗い環境で、最初から最後まで通して聴いてみてください。(音声ガイダンスなし、45分)

 

内なるヒーラー

 自分自身の内なるヒーラーとつながり、自分の感情エネルギーを自ら癒しましょう。
人生におけるポジティブな体験の妨げとなる感情を解き放ち、完全な状態の自分を手に入れ、高次元の感情的・肉体的健康に自分自身を結び付けましょう。リー・ストーンがHemi-Sync®の周波数を用いて、内なるヒーラーとつながる受け入れの場にあなたを導きます。そこで、あなたは、繰り返し心にいだいてしまう感情を特定し、内なるヒーラーの助けを借りてその感情を取り除くよう導かれます。(33分)

 

癒しの旅のサポート

 パティ・レイ・アヴァロンは、バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリングを卒業し、同校で教鞭を執ったこともある経験豊かなエナジー・ヒーラーです。彼女はこのセットの中で、自らの癒しのプロセスをコントロールする方法を伝授します。
CD 1 Track 1 チャクラの調整
     自分の声と意図によりチャクラを開き調和させる方法を学びながら、自分のチャクラをしっかり認識する。
CD 1 Track 2 体の調和
     感情体、精神体、肉体を清める。
CD 2 Track 1 癒しのヘルパーたち
     肉体を持たない特別なヘルパー(あるいはヘルパーのチーム)を招き、 癒しのプロセスを支えてもらう。
CD 2 Track 2 ハート・エナジー
     より完全に、深く、穏やかに生きられるようハートのエネルギーに接する。(音声ガイダンスあり) 


ディープ10のリラクゼーション

 10段階のプロセスを経て完全なリラクゼーションに導かれ(Deep 10 Relaxation)、自然な睡眠へと誘われていきます。日々の生活のもたらすストレスや心配事、不安から解放された心休まるひと時を堪能してください。
(トラック1-音声ガイダンスあり、トラック2-音声ガイダンスなし、64分)

 

チャクラ瞑想 

 エルヴ(Eluv)の開発した、この音声ガイダンス付きのヘミシンク・エクササイズでは、ドルフィン・サウンドと音楽を組み合わせ、7つの主要なチャクラを整え調和させます。体の中心線上にあるチャクラは生命力エネルギーを受け取り、私たちの肉体と精神体、感情体、霊体へと放射します。恐怖や怒りや罪悪感など、感情のわだかまりを感じるときは、エネルギーの流れは滑らかではなく、詰まってしまうこともあります。このCDに入っているアファメーションが、各チャクラを最適化し全体的な幸福感を得えられるようにします。
トラック1はプロセスを完全に開いて深める51分間の瞑想です。トラック2はすばやく調整し調和を得るための23分の短縮版です。 


情報にアクセスする

 情報と知識の個人的なライブラリへとアクセスする能力を向上させます。知恵、教え、出来事、人生の経験など、顕在意識(目覚めた状態の意識)に呼び起こしたいあらゆる情報を、望んだ時にいつでも取り出すことができるようになります。「情報にアクセスする」を使って、記憶を呼び起こす能力を飛躍的に向上させ、生活全般に役立ててください。
トラック1:準備   トラック2:情報にアクセスする   (71分)


イントゥ・ザ・ライト  光の中へ  臨死体験の瞑想

 このプログラムの目的は、「臨死体験とはどのような感覚か」を知っていただくことです。
このプログラムは、6,000件以上の臨死体験の事例研究の分析に基づいて開発されました。専門家であるスコット・テイラーによって制作された4つのガイダンス付きエクササイズで構成されています。
エクササイズは、繰り返し使用でき、エクササイズのたびに異なる経験をし、非物質世界からの気付きが増えるにつれ、物質世界の経験がより豊かになることに気がつくでしょう。
このエクササイズによって、あなたは臨死体験や擬似臨死体験をすることができるでしょうか?――それは、誰も予測することはできません。しかし、意識の拡大を体験できる変性意識状態に入るチャンスは、たくさんあります。後は、あなたの意志次第です。(CD2枚、4つのエクササイズ、音声ガイダンスあり)

 

モーメント・オブ・レバレーション  啓示の瞬間

 空間と時間、日々の心配事を超え、らせん階段を登っていくと、安らぎと安寧に満ち溢れる場所へと導かれます。ヘミシンクのサウンドパターンがもたらす深いリラクゼーションの中で、音声ガイダンスにしたがって、情景を心の中に思い描いてください。そうすることで、内面への旅が可能になります。 さあ、先入観を解き放ちましょう。最高の体験――啓示の瞬間が、あなたを待っています。(日本語ガイダンス、32分)


ザ・ビジット   訪問

 すばらしいリラクゼーションのためのヘミシンクのサウンド・パターンと音声ガイダンスが、時を超えた旅へと導き、そして、あなたを愛し理解してくれる者たちのいる場へと誘います。
長く愛され続けてきたこのヘミシンク作品を使うことで、通常の意識状態では得られない知恵を手に入れることもできるでしょう。お楽しみください。聴き終わった時あなたは、完全にリフレッシュし、活力に満ち溢れていることでしょう。(日本語ガイダンス、44分)

 

過去生(別の人生)の探究 

 別の時間に生きる別の自分を発見することで、現在の自分の人生はクリアになり、ものごとの本質を見抜く力が得られます。それにより、障害を取り除き、知らなかった才能を見出し、新しい見方を育み、幸福感が得られるのです。長年にわたり前世退行のセッションとタイムライン・セラピーを行ってきたリー・ストーンが、生まれ変わりの記憶を呼び起こす旅にあなたをお連れします。ヘミシンクによって時間と空間を超越し、リラックスして静寂の境地に至ります。そして意識を拡張し自分の人生の目的に対する洞察を得ます。(音声ガイダンスあり、45分)

 

ハイヤーセルフへの帰還

 このCDの目的は、私たちのスピリチュアルな本質、本当の自我、「ハイヤーセルフ」と再び一つになり、それを体験することです。憎しみや恐れ、怒りなどのネガティブなエネルギーの形をすべて解き放ち、自由になりましょう。そして、光の波とともにハイヤーセルフへと向かっていきます。
私たちは誰しも、「死」と呼ばれる意識の「移行」過程を体験します。あなたや、あなたの愛する人たちは、このスピリチュアルな旅への準備ができているでしょうか? このCDは、スピリチュアルに成長することで、自己の本質への移行に備えることができます。(3つのエクササイズ、音声ガイダンスあり)

 

タイムレス・ピース  永遠のやすらぎ

 この瞑想で、無限の静寂を体験しましょう。思いは消え去り、深い永遠の安らぎに癒されます。優しい音声ガイダンスとヘミシンク周波数が、あなたを時間の存在しない場へと導き、深い癒やしの体験を可能にします。

2トラック構成。(各35分)トラック1は音声ガイダンスあり。トラック2はフリーフロー(自由行動)。時間のない状態を自由に体験してください。

 

インナーチャイルドを癒す

 現在のあなたの生き方を制限している原因となった、子供の頃の記憶 ── その時の、困難な出来事が起こった頃に戻ってみましょう。ヘミシンクと音声ガイダンスの導きのもと、大人のあなたは、安全で離れた場所から、子どもの頃の出来事を思い出し、観察します。この体験を見守りながら、今のあなたが手に入れた知恵とスキルで、子どもの自分を理解し、サポートします。そうすることで、子どもの自分を癒やし、あなたの人生の一部として受け入れます。このエクササイズを何度も繰り返すことで、継続的な癒やしと、心の安らぎを得ることができます。(34分) 

内なるガイドにつながる

 あなたの内なるガイドと再会し、永続的なコミュニケーションを創り上げていきましょう。リー・ストーンは、誘導瞑想とヘミシンクを組み合わせ、そのプロセスを容易にしました。あなたを愛し、守り、支える人々との意識的なつながりと交流を可能にします。(35分)


メビウス・ウエスト  新しい未来をプログラムする

 あなたが望む現実を創造しましょう。あなたの成果を最大にし、人生を新たな方向へ切り開きます。
メビウス・ウエストで、思考、感情、行動の変化をプログラムし、精神的、感情的、肉体的なパターンを修正しましょう(音声ガイダンスあり、61分)

 

ヘミシンクQ&A (アクアビジョンHPより抜粋)
ヘミシンクとは何ですか?

ヘミシンクは、米国のモンロー研究所によって特許取得されたオーディオ・ガイダンス技術です。モンロー研究所では、長年の研究の結果、特定のサウンド・パターンが、人間の意識をさまざまな状態へと導くことを明らかにしてきました。たとえば、深くリラックスした状態、睡眠誘導、瞑想状態、集中した状態、知覚の拡大した状態などです。ヘミシンクは、医療機関や大学との共同研究によって科学的にも臨床的にも証明され、さらに50年以上にわたる実証的な教育・研究活動を通して洗練されてきました。
ヘミシンクに関するモンロー研究所と専門機関との共同研究は現在も続けられ、さまざまな応用技術が開発されてきました。その成果は、数々のヘミシンクCDなどの製品として世に送り出されており、多くの人々に利用されるほか、セラピストや医療機関、教育者などの専門家にも広く活用されています。
また、ヴァージニアのモンロー研究所において実施される滞在型プログラムをはじめ、世界中のヘミシンク・ワークショップにおいて利用されています。日本では、アクアヴィジョン・アカデミーが、ヘミシンクのワークショップやセミナーを開催し、ヘミシンクCDも販売しています。
 

モンロー研究所とは何ですか?

ヘミシンクはロバート・モンロー(19151995)によって開発されました。彼の設立したモンロー研究所では、ヘミシンクを使った研究開発や共同研究、セミナーやワークショップを実施しています。ヘミシンクCDの制作・販売は、モンロー・プロダクツ(インターステート・インダストリーズ社)が行っています。
 

モンロー研究所には、どこか特定の組織がバックに付いていませんか?

モンロー研究所は、さまざまな個人や組織から幅広くドネーション(寄付)を受け付けていますが、独立した非営利法人です。特定の組織との関係は何もありません。
 

ヘミシンクは安全ですか?

ヘミシンクは、長年の研究と実績によって安全性と有効性が証明されています。また、サブリミナル(潜在意識に働きかける)メッセージは使われていません。リスナーは、常に自分自身のコントロールを失うことはありません。
 

ヘミシンクに依存してしまいませんか?

そのようなことはありません。ヘミシンクには、依存症も副作用もありません。長年の臨床結果によって、安全性が証明されています。
 

毎日聴いていましたが、途中でやめてもかまいませんか?

何の弊害もありません。中断しても、また再開しても、問題ありません。ただし、瞑想でもヨガでも、あるいはスポーツでも同じことですが、ある程度の段階に進むまでは、継続して取り組まれることをお勧めします。
また、何か新しいことを始めたら、心や体にも変化が起きることがあります。好転反応と言われることもあります。ヘミシンクの場合ですと、エネルギーの流れが良くなって、滞っていたところに違和感を覚えるとか、潜在意識の中の整理が始まって感情に動きが出るなどです。多くの場合、しばらくすると収まってきます。変化のために必要なプロセスですので、投げ出さないで、この段階を越えるまでは継続することをおすすめします。
 

神仏とかガイドとか信じないほうなのですが、それでもいいですか?

まったく問題ありません。むしろ、既成概念を持っていないほうがいいのではないでしょうか。それと「信じる・信じない」ということと、「知っている・知らない」ということは違います。ガイドの存在を信じる必要はありません。その存在を知ってしまえば、それでOKです。
 

体質的に霊的なものに敏感なのですが、大丈夫でしょうか?

そのような方もヘミシンクCDを聴いたり、セミナーに参加されたりしています。ヘミシンクのエクササイズを続けることで、意識の周波数を変えることを学び、その能力を自分でコントロールできるようになった方もいます。
 

霊媒体質になったり、取り憑かれたりすることはありませんか?

いままでに、そのような報告はありません。ご安心ください。不安に思ったままでいると、学びを妨げてしまいます。モンロー研究所およびアクアヴィジョン・アカデミーでは、人を怖がらせるようなことはいっさいお伝えしません。
 

誰でも本に書かれている様な体験ができますか?保証できますか?

すべての人に可能性はありますが、誰でも絶対にできますと保証することはできません。人により状況により異なります。しかし、遅い早いがあるかもしれませんが、誰にも可能性はあります。自分を信じていただければと思います。また、体験内容は人それぞれ、百人百様です。むしろ、同じ体験をすることの方が稀です。
もし、ヘミシンクが、誰にでも絶対にできます、と保証するような技術だとしたら、それこそ危険だと思います。強制的に意識をコントロールするのですから。誘導されたあとは本人次第、というのが、一番安全で安心ではないでしょうか?
 

ゲートウェイ・エクスペリエンスは、すべて順番に聴かないとダメですか?

 
家庭学習用の「ゲートウェイ・エクスペリエンス」は、基本的には指定された順番で聴いてください。それは、前のアルバムで習得したツールや技術をもとにして、次のアルバムが構成されているからです。しかし、基本となるエクササイズは必ず順に行なう必要がありますが、そうでないものは飛ばしてもかまいません。
フォーカス10を学んでいなければ、フォーカス12は学べません。またフォーカス12を学ばないとフォーカス15は学べません。しかし、フォーカス21はフォーカス15を学んでなくても、フォーカス12さえ学んでいれば大丈夫です。
エクササイズは、①それぞれのフォーカス・レベル入門のためのものと、②それを応用するためのもの、③そのレベルで自由に行動するためのものと、大きく3種類に分けることができます。この中で②の応用のためのエクササイズすべてを学ばなくても、次のフォーカス・レベルへ進むことは可能です。
ですから、Wave Iでフォーカス10を学び、その応用をいくつかこなしたら、次にWave IIへ進み、フォーカス12を学びます。Wave IIIIVはフォーカス1012の応用とその理解を深めるためのものですから、すべてをやらなければならないということではありません。フォーカス1012にある程度慣れたと思ったら、Wave Vか、Wave VIへ進み、フォーカス15または21を学んでいいでしょう。先に進んだ後、また後戻りするなどして何度でも取り組んでみることをお勧めします。
 

各フォーカス・レベルを完全にマスターしないと、次に進めませんか?

いいえ。人によって異なりますし、そもそも「完全にマスターする」ということはありえません。それぞれのフォーカス・レベルは奥が深く、何度聴いてもさらなる発見があります。ですから、何度か自分で聴いてエクササイズに慣れ、心地よく感じられるようになれば、直感にしたがって次の段階に進んでください。また、必要と思えばいつでも前の段階に戻って繰り返し聴いてください。
 

何度も連続して聴いても問題はありませんか?

モンロー研究所では、「グラウンディング」ということを心がけるように促しています。ヘミシンクを聴くときは、連続して聴くのではなく、間にグランディングの時間をとるようにしてください。その方が効果は出やすくなります。グラウンディングとは、地に足をつけること、しっかりとこの物質的な世界に戻ってくるという意味です。ヘミシンクを聴き終えて目が覚めた状態に帰ってきたら、すぐに次のCDを聞くのではなく、一度しっかりとグランディングします。そのために、窓を開けて新鮮な空気を吸ったり、外へ出て歩いたりします。体を動かし、大地にしっかりと根付くようにします。
 

眠ってばかりで、特に何も起こりません。どうすればいいでしょうか?

まず、たとえ眠っていたとしても、無意識のレベルでは意味のある経験をしていることをお伝えしておきます。深いリラックスと眠りとの間でバランスを取ることを学んでいるのです。そして、次のアドバイスを実行してみてください。
CDを聴く前に、十分な休息をとってください。必要があれば、聴く時間帯や曜日をいろいろ変えてみてください。目が冴えている時間に聴いてみましょう。たとえば、ゆっくりできる休日の朝十分寝た後、一度しっかり起きて2時間ほどしてから聴くといいと思います。また、夜寝る前とか、食後1時間以内などは避けるようにします。眠りのシンボルを作って、エネルギー変換箱の中に入れます。もしこれらのアドバイスでも眠ってしまうようでしたら、ソファに座ったり胡坐を組んでみるなど、横にならない状態で聴いてみてください。
 

これまでに体験らしい体験をしたことがありません。何か問題があるのでしょうか?

まず、何を持って体験というのか、ということがあります。人によって、タイミングによって、さまざまなことが起きます。それは、ヴィジョンが見えたり、メッセージをもらったりすることだけではありません。ちょっとした肉体的な変化や、感情や感覚の変化という形で来ることもあります。非常に淡い体験であることが多く、そんな感じがする、そんな気がするという程度の場合がほとんどです。また、日常生活に変化が出てきます。正夢を見るとか、明晰夢を見る、あるいは、シンクロニシティの増加であったり、人間関係の変化であったりもします。「こういう体験をしなければならない」という思い込みがあると、貴重な体験を見過ごすことがあります。
家庭学習の場合、ともすれば目的を見失って、ただ漫然と聴いているだけという受け身の状態になりがちです。そうすると、何も起こらなかった、という結果になりがちです。「今回は何をするか」という目的を明確にして聴き始めるようにしてください。
その他に試していただきたいのは、いろいろな時間帯、曜日、疲労度のとき聴いてみることです。早朝4時とか5時に目覚めたときに聴いてみる、寝入りばなに聴く、ぐっすり寝て十分に疲労が取れたときに聴く、逆に肉体的に疲れているときに聴く、時差ぼけのときに聴く、などです。
 

それぞれのフォーカス・レベルが今ひとつはっきりわかりません。

同じフォーカス・レベルと言っても、人によって感じ方はそれぞれです。今自分が聴いているときに起こっていることが、その時まさに必要なことなのだと思ってください。みなさんそれぞれの方法でフォーカス・レベルを認識します。人と全く同じ経験もありません。それと、フォーカス・レベルの違いを認識することよりも、その状態で何を体験するか、の方が重要です。それほど気にする必要はありません。
 

体外離脱をしたいのですが、私にもできますか?

可能性はあります。しかし、すべての人ができるとは限りません。体外離脱をサポートしてくれるCDもありますが、必ずできるとは保証されていません。また、体外離脱は数あるヘミシンク体験のなかの一つにすぎません。ヘミシンクは、体外離脱をすることなく、さまざまな体験が可能です。
 

体外離脱するにはどのヘミシンクCDを聴けばいいですか?

 
体外離脱という現象には実はさまざまなケースがあります。「肉体から離れた位置からの視点でまわりの様子が把握され、肉体のことは把握されない状態」が一般に体外離脱と呼ばれます。「狭義の体脱」と呼ばれるものです。
それに対して、「肉体のことがまだ把握される状態で、肉体から離れた位置からの視点でまわりの様子が把握できる状態」という体験もあります。これを「広義の体脱」と呼んでいます。自分が肉体内と、肉体から離れた位置とのふたつに分離しているような状態です。どちらかに自分の重心があり、肉体内のほうがよりはっきりと把握される場合と、逆に肉体から離れた位置のほうがはっきりと把握される場合とあります。
モンローによれば、人は普段から「広義の体脱」を頻繁にしているとのことです。たとえば、自分の家族のことを思った瞬間に意識の一部はそこへ飛んでいるのです。ヘミシンクを聴くと広義の体脱はよく起こります。
皆さんの興味は、「狭義の体脱」だと思いますが、ほとんどのヘミシンクCDはそもそも狭義の体脱を目的にしていません。そういった中で、狭義の体脱のためのCDをピックアップすると、以下のようなものになります。
家庭学習用「ゲートウェイ・エクスペリエンス」の中の、「Wave III#1(浮揚)」、「Wave III#6(初めての遊離)」、「Wave VI#2(ローカル1での拡張)」、「Wave VI#3(離脱点)」。アルバム・シリーズ「体外への旅サポート用ヘミシンク・シリーズ」、「体外離脱テクニック[William Buhlman]」。
 

ヘミシンクを聴いて体外離脱してしまうと怖いのですが?

人間誰しも無意識のうちに体外離脱を怖がっています。なぜなら、肉体から意識が離れることは、死を意味するからです。しかし、実際に体外離脱を経験すると、怖さはなくなります。むしろ自由で楽しいものです。怖がらずに流れにませることも必要です。しかし、狭義の体脱はめったに起こりません。
 

体外離脱したまま、肉体へ戻れなくなってしまうことはありませんか?

そのようなことはありません。本人の意思でいつでも肉体に戻ることができます。戻れなかった人はいません。肉体を持っている限り、必ず戻れます。
 

うつ病や統合失調症など精神障害の場合、ヘミシンクを聴いてはいけないのでしょうか?

うつ病(Depression)の場合、ヘミシンクには改善する効果があると言われています。例えば「ディープ10リラクゼーション」「オープニング・ザ・ハート」「心と体の若返り」「レゾナント・チューニング」「サーフ」などがお勧めです。
ADD(注意力欠如障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、自閉症にも効果は期待できます。「バロックガーデン」「ゴールデン・マインド」「シーズンズ・アット・ロバーツ・マウンテン」「コンセントレーション」などがお勧めです。
しかし、統合失調症(Schizophrenia)の場合には、症状によっては非常に危険な場合もあるので、へミシンクは聴かないようにしてください。
 

聴きすぎて難聴になったりしませんか?

ヘミシンクを聴くことによって、ご心配のようなことが起きた例はありません。
 

子供に聴かせてもいいでしょうか?

子供の年齢によります。モンロー研究所では、10歳以上の子供たちでしたら、ご自分の判断で試してもよいとしています。「アインシュタインズ・ドリーム」や「バロックガーデン」「コンセントレーション」など集中用のCDBGMとして利用されることをお勧めします。多くの父母の方から良い結果が報告されています。
ただし、瞑想用や知覚の拡大効果のあるCDや「ゲートウェイ・エクスペリエンス」の場合は、脳波が安定し意識の自己制御が可能になる高校生(15歳)以上での使用をお勧めしています。
 

曲の途中で聴くのをやめてもいいですか?

BGMとしてスピーカーで聴いている場合は、途中でやめても特に問題はありません。しかし、ヘッドフォンをして集中して聴いていたり、音声ガイダンスのある誘導瞑想用のCDでエクササイズをしているような場合には、なるべく最後まで聴いていただければと思います。どうしても中断しなければならないような時は、終了して構いません。ただし、急にヘッドフォンを外して動き始めると、寝起きのときのように足元がふらついたりする場合があります。そのような時は、しっかり目を覚ましてから起き上がり、動き始めるようにしてください。